So-net無料ブログ作成

バルビネラは春の香り [開花情報]

南アフリカ冬雨地区が原産のバルビネラ。

初春の香りというと、梅の香りが一番なのでしょうが、私にとって初春の香りはバルビネラの香り(花屋さんに入ると独特な匂いがしますが、それ近い匂いです)でしょうか。
毎日毎日、本当に寒い日が続いていますが、この花を見ると春が来たんだなぁと感じます。

そんなバルビネラですが、昔は色々な方が生産されていたのですが、今ではほとんど止められてしまいました。
当園でも昔からバルビネラの育種・生産してきましたが、今ではほんのわずか生産しているにすぎません。

現在の市場では、面を飾れる花が主流ですので、バルビネラのような線や流れのある花は、単価が出にくいのです。まして、1年栽培して1株から1本では、栽培を止めてしまうのも分かります…。

しかし、当園では良いものだけを残して育種だけは続けてきましたので、最近なかなか捨てがたい品種が出てきました。

bulbinellamix.jpg


バルビネラの英名は『cat-tail』、猫のしっぽのように上までどんどん咲いていきます。
特に、新色『あけぼの」は、オレンジイエローからホワイトのグラデーションに咲いていく、その名の通り、春の曙のような色彩が魅力的なバラエティです。

今年は例年になく、良い栽培ができました。
あまり多く出荷はできませんが、見かけたら春を色と香りで感じてみてください。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。