So-net無料ブログ作成

放任主義 [生産管理]

数年前から球根や苗を販売する際、農薬の使用の有無と使用した場合はその種類を記載する事になっています(今年は放射線の問題もあり、どういう培用土を使っているかも記載しています。)

当園の場合は、基本的に『なし』と記入するのですが、実際のところどうなのか、その様子を少しご紹介します。

堀上げ.jpg


見ての通り草だらけです。
何がどうなっているのかよく分からないと思いますが、アガパンサスの堀上げをしているところです。
もう、除草剤とか全くかけていないので草は伸び放題で、アガパンサスがどこにあるのか発見するのにも苦労する状態ですが、確かに農薬は使っていないのがご理解頂けると思います。

というか、本当はきちんと手入れしてアガパンサスが見事に開花している状態になっているはずだったのですが、昨年社長の提案で雑草除けのために播いたシロツメクサが絨毯のように雑草化するという本末転倒ぶりで、どうにもこうにも手が付けられない状況になってしまい、仕方なく放置となった次第です。

しかし、このままでは雑草にアガパンサスが完全に負けてしまうので、従業員と2人で堀上げているのですが、何せ畑のど真ん中で雑草に囲まれているので風は来ないし、蒸し暑いし、あまつさえ慣れない鍬仕事で手にはマメができるしで、久々にフランスでの研修を思い出しました。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。