So-net無料ブログ作成

スタートしました [生産管理]

6月からこの暑さ…。

もう温室の中も外も暑くてたまらないのですが、残念ながら夏場の市場価格は寒いの一言に尽きます…。

色々な意味で施設園芸農家にとってつらい時期がやってきました…。

夏は花持ちも悪いので相場がでなくても仕方がないところもあるのですが、採花・選抜・出荷というコストは真冬も真夏も変わりません。
そこで、この時期の切花農家さんは、出荷を一時停止し秋以降に向けての準備に入るのが一般的です。

当園でも今まで頑張ってくれたアルストロメリアも、さすがにこの暑さで本来の発色が出にくい品種もでてきていますし、全体的に草丈も短く細めになってきてしまっていますので、いよいよ植え替え(移植)作業へと入ります。

植えかえ.jpg


今年は、土中環境の変化を少なくするため、尺鉢での栽培を増やしてみました。
土の消費量が通常栽培と比べ多くなってしまうのがネックですが、厚く深く植えられるので植物にとってはストレスがかかりにくく良い生育が期待できます。

とはいっても、日常の管理が一番重要なんですが…。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。